顔脱毛をすることによるメリット

あなたは普段顔のムダ毛処理はどのようにしていますか?

顔のムダ毛は他の部位と比べると濃くも太くもない目立たないうぶ毛なので眉毛の形を整えるぐらいで他は特に何もしていないという人も多いと思います。

また顔のムダ毛をカミソリで剃ってカミソリ負けしたり、またムダ毛が濃くなると困るから自己処理はできないという人もいるでしょう。

確かに顔のムダ毛の自己処理はお勧めできません。

顔のムダ毛が気になるのなら脱毛サロンで顔脱毛をしてもらいましょう。

実は顔脱毛をしてもらうことで得られるメリットは多いのです。

顔脱毛をするメリットについて紹介したいと思います。

顔脱毛をするメリット

顔のうぶ毛はほとんど気にならないと思っているかもしれません。

しかしうぶ毛で目立たないと思っていてもムダ毛があるのとないのとでは顔の印象が全然違ってくるものです。

顔脱毛をすると顔がワントーン明るく見えるようになります。

また脱毛することで毛穴が目立たなくなり、メイクのノリもよくなります。

ニキビがあると顔脱毛はできないと思うかもしれませんが、逆にムダ毛がなくなる事で毛穴に汚れが溜まりにくくなり、清潔さをキープできニキビができにくくなるというメリットもあります。

顔脱毛の施術では美容ジェルが使用されるので施術前より綺麗な肌になれます。

顔脱毛をすると周囲の人から「綺麗になった」と言われる確率が高いでしょう。

顔脱毛の注意点

ただし顔脱毛をする際の注意点があります。

それは脱毛サロン選びです。

顔脱毛とは全ての脱毛サロンで施術されているわけではありません。

顔脱毛の施術は難しいので施術を行っていない脱毛サロンもあります。

そのため全身脱毛は全身が含まれると思っていたら顔脱毛は含まれていないというケースも少なくありません。

なので顔脱毛目当て全身脱毛をするのであれば必ず事前に全身部位の中に顔脱毛が含まれているのかどうか確認してから申し込むようにして下さい。

それと余談ですが、最近若い女性の間でまつ毛エクステ(マツエク)が非常に流行っています。

つけるだけで目力をアップすることができますから、やめられなくなっている女性も多いですが、サロンに通う必要があるので費用的な負担が大きいのも事実です。

できる限り長持ちさせるためにも、きれいなまつ毛をキープするためにも、マツエクにはまつ毛美容液をつけることを欠かさないようにしてください。

まつ毛美容液をつけるかつけないかで、持ちは大きく変わってきます。

脱毛サロンに通うペースや回数について

夏に水着になるからその前に脱毛しておきたいと思う人も多いでしょう。

しかし脱毛とは1回脱毛施術を受けてそれで完了というわけにはいきません。

では脱毛サロンへはどれぐらいのペースで通い、そして何回ぐらい通うことになるのでしょうか?

脱毛サロンへ通うペース

脱毛サロンで月額制コースを選んでいたら短期集中で脱毛を終わらせた方がお得だと思うでしょう。

しかし脱毛サロンでは短期集中で施術を受ける事はできません。

脱毛サロンに通うペースは2〜3ヶ月に1度のペースが基本です。

なぜかというと毛周期に合わせて脱毛施術を行わなければ意味がないからです。

毛周期とは毛には成長初期→成長後期→退行期→休止期の4つの周期があります。

そして脱毛施術では成長後期の期間に行う必要があるために2〜3ヶ月に1度成長後期のタイミングで通うのが一番効率がいいと言えるでしょう。

ただし脱毛サロンによっては予約がいっぱいで次の予約は半年後しか取れないという店舗もあります。

この場合は脱毛サロンに通う期間が無駄に長くなり非効率なので2〜3ヶ月に1度キチンと予約をとれる店舗を選びましょう。

また脱毛機器の進化により休止期でも脱毛施術が行える脱毛サロンも存在します。

その場合は月1回ペースで通うことも可能なようです。

脱毛サロンへ通う回数

脱毛サロンへ通う回数は個人差もありますが、平均で1部位につき12回程度の施術を行う必要があります。

そのため脱毛サロンへ通う期間は2ヶ月に1度のペースで通った場合で2年、3ヶ月に1度のペースで通った場合で3年もの期間がかかります。

脱毛にそんなにかかるの!!とショックを受ける人もいるかもしれませんが、徐々にムダ毛の量は減ってきますから自己処理の必要は途中からはなくなりますし、例えば水着になるから脱毛したいという場合、とりあえず表面の見えている毛だけ綺麗になればいいわけです。

そのため毛周期に合わせて綺麗になりたい日の3〜4週間前に脱毛施術を行うと当日はムダ毛がない綺麗な肌の状態で水着を着ることができるでしょう。

もちろん休止期をすぎればなた新たな毛が生えてくるので脱毛施術はまだまだ続くわけですが、夏に間に合わないから無意味だということはありません。

美意識の高い女性が多い仕事として、キャバクラなどの夜の仕事が挙げられます。

キャバ嬢の脱毛を参考にすることで、上手く脱毛サロンを利用ことができるかもしれません。

毛深いうなじをキレイにするためにホルモンの役割を知る

うなじは女性にとっても大切な部分ですので、きれいにしておきたいところでもあります。

しかしうなじがあまりにも毛深いと、外出するのもおっくうになります。

そのため、早目に改善することが大切です。

男性ホルモン、女性ホルモンの役割

うなじが毛深い女性は、そのままにしておくとその悩みも深刻化してきます。

ムダ毛処理の対策を行講じることも重要ですが、そのまえに毛深くなった原因を探ってみる必要があります。

毛深い原因は様々ですが、そのなかのひとつにホルモンバランスの乱れが考えられます。

ホルモンバランスの乱れとなると、どうすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

ホルモンが実際にどのように乱れているのか、その実態がよくわかりません。

人間の体内には、基本的に男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在しています。

この事実を案外知らない人も多いようです。

多くの人は女性には女性ホルモンが、また男性には男性ホルモンだけがあると思っているようです。

しかし実際は女性、男性に関係なく、それぞれのホルモンが存在しています。

男性ホルモンは身体の毛の発育を促進したり、またタンパク質を内臓や筋肉に変えたりします。

そして女性ホルモンは肌や頭髪を美しくしてくれたり、自律神経を美しく保ったりとさまざまな働きをしています。

そのためまずはこれら男性ホルモン、女性ホルモン両方の働きについてよく理解しておいてください。

効果的な方法

男性ホルモンと女性ホルモンの働きがわかれば、ムダ毛の対策もだんだんとわかってきます。

毛深くなる原因としては男性ホルモンが増加していることが考えられます。

一般的に女性のかたは、女性ホルモンの量が男性ホルモンと比べて10倍程度になっています。

そのため男性ホルモンの量を減らしてあげればいいのです。

男性ホルモンを減らす方法は様々ですが、最適な方法は毎日の食事での改善です。

男性ホルモンを減少させる食事としては、大豆イソフラボンを多く含んでいる豆腐や納豆といった大豆食品が効果的です。

大豆を多く含んでいる食品を摂ることで、男性ホルモンの量も抑えることができます。

そして食事療法と一緒に、カミソリや脱毛クリームで処理することによって徐々にムダ毛も減ってきます。

うなじが毛深い女性は、まずムダ毛ができる原因を追求してその対策をしていけばいいのです。

そうすることで、毛深い悩みも改善されます。

脱毛サロンの料金相場

脱毛サロンを利用するのは初めてという場合は脱毛でどれぐらい料金がかかるのか分かりませんよね。

よく脱毛サロンの広告で紹介されているのは両わき脱毛100円なんて目玉のキャンペーン価格だけです。

自分が今から申し込もうと思っている脱毛サロンが他の脱毛サロンと比較して安いのか高いのか適性価格なのか、相場を知らなければ判断すらできません。

そこで初めて脱毛する人のために脱毛サロンの料金の相場について説明したいと思います。

全身脱毛の料金をチェック

脱毛サロンの料金比較をする時は部位ではなく全身脱毛の料金の相場で判断するのが分かりやすいでしょう。

全身脱毛の料金のしくみに関しては月額制の場合と回数制の場合があります。

回数制の場合は回数を揃えた上で料金比較をしましょう。

ちなみに全国展開している大手脱毛サロン10社の料金相場は、全身6回コースで10万円〜15万円、月額制で7000円〜9980円となっています。

従来は全身脱毛をしようとすれば50万円以上かかっていましたから、脱毛機器の進化によって相場はかなり安くなってきたと言えるでしょう。

料金比較の注意点

ただし料金比較では注意しないといけない点があります。

それは料金の安さだけで脱毛サロンを選んではいけないということです。

全身脱毛と一言でいっても全身に含まれる部位は脱毛サロンによって異なります。

顔やVIOが全身に含まれるのかどうか申し込み前に確認しておきましょう。

またムダ毛の量や濃さによって脱毛が完了するまでにかかる回数は個人差が大きいと言われています。

6回で完了する人もいれば完了していない人もいます。

そのため6回で完了しなかった時にどのように脱毛サロンが対応してくれるかも確認しておきましょう。

そしてキャンペーンを利用するかしないかで料金が1万円ほど違ってくることも少なくありません。

そのため同じ料金設定の脱毛サロンであれば、キャンペーン情報も小まめにチェックしておきましょう。

毛の自己処理によって起こり得るトラブル

ムダ毛の自己処理をしている人も少なくないと思います。

しかし自己処理ではすぐにまたムダ毛が生えてくるし、綺麗に処理できなくて不満という人も多いでしょう。

そして何より知っておいてもらいたいのは自己処理をすることで肌に与えるダメージについてです。

ダメージその1 埋没毛

埋没毛とは毛抜きで自己処理をした時に起こりやすいダメージです。

新しく生えた毛が皮膚の内側で伸びてしまうため埋没毛をムダ毛処理することができません。

無理に皮膚に穴をあけて埋没毛を抜こうとすると肌へのダメージはさらに悪化してしまいます。

ダメージその2 肌荒れ乾燥

カミソリで自己処理をすると肌の表面を傷つけてしまうため肌荒れしたり、肌が乾燥し痒みや痛みで肌の表面に粉を吹いてしまう状態になります。

肌の乾燥により肌の保護機能が働かなくなるためにますます肌荒れがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

ダメージその3 色素沈着

色素沈着とはカミソリや毛抜きで自己処理した時に摩擦により肌が傷つけられて黒ずんでしまった状態です。

特にワキで起こりやすく、肌が黒ずんでしまうことでムダ毛よりも黒ずみの方が目立ってしまうため肌を見せることができなくなってしまいます。

対処法としては乾燥を防ぎ保湿を徹底することで色素沈着は起きにくくなります。

ダメージその4 毛のう炎

毛のう炎とはムダ毛を自己処理した後に毛穴が傷つき、そこから細菌が入り肌が炎症を起こしてしまった状態です。

毛のう炎という名前はしらなくても自己処理をした後に肌が赤くブツブツになったことがある人は少なくないでしょう。

炎症が悪化すると白く膿んだ状態になり、ダメージから回復するのに時間がかかってしまいます。

自己処理をしてもすぐにムダ毛は生えてしまいます。

ムダ毛が生えるたびに頻繁に自己処理を繰り返していると肌はダメージから回復する時間がありません。

最近脱毛サロンを利用する人が増えているのは脱毛サロンの料金が安くなったということも要因の1つですが、同時に自己処理で肌に与えるダメージに対する理解が深まったことも要因でしょう。