カテゴリー別アーカイブ: 自己処理

毛の自己処理によって起こり得るトラブル

ムダ毛の自己処理をしている人も少なくないと思います。

しかし自己処理ではすぐにまたムダ毛が生えてくるし、綺麗に処理できなくて不満という人も多いでしょう。

そして何より知っておいてもらいたいのは自己処理をすることで肌に与えるダメージについてです。

ダメージその1 埋没毛

埋没毛とは毛抜きで自己処理をした時に起こりやすいダメージです。

新しく生えた毛が皮膚の内側で伸びてしまうため埋没毛をムダ毛処理することができません。

無理に皮膚に穴をあけて埋没毛を抜こうとすると肌へのダメージはさらに悪化してしまいます。

ダメージその2 肌荒れ乾燥

カミソリで自己処理をすると肌の表面を傷つけてしまうため肌荒れしたり、肌が乾燥し痒みや痛みで肌の表面に粉を吹いてしまう状態になります。

肌の乾燥により肌の保護機能が働かなくなるためにますます肌荒れがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

ダメージその3 色素沈着

色素沈着とはカミソリや毛抜きで自己処理した時に摩擦により肌が傷つけられて黒ずんでしまった状態です。

特にワキで起こりやすく、肌が黒ずんでしまうことでムダ毛よりも黒ずみの方が目立ってしまうため肌を見せることができなくなってしまいます。

対処法としては乾燥を防ぎ保湿を徹底することで色素沈着は起きにくくなります。

ダメージその4 毛のう炎

毛のう炎とはムダ毛を自己処理した後に毛穴が傷つき、そこから細菌が入り肌が炎症を起こしてしまった状態です。

毛のう炎という名前はしらなくても自己処理をした後に肌が赤くブツブツになったことがある人は少なくないでしょう。

炎症が悪化すると白く膿んだ状態になり、ダメージから回復するのに時間がかかってしまいます。

自己処理をしてもすぐにムダ毛は生えてしまいます。

ムダ毛が生えるたびに頻繁に自己処理を繰り返していると肌はダメージから回復する時間がありません。

最近脱毛サロンを利用する人が増えているのは脱毛サロンの料金が安くなったということも要因の1つですが、同時に自己処理で肌に与えるダメージに対する理解が深まったことも要因でしょう。